ロービジョン用具

ロービジョンとはローマ字では lowvision と書き、直訳すると低視力となります。 目の病気やケガ、加齢などでメガネ・コンタクトレンズを使用しても視力を得られず不自由な生活をしている人たちの生活を改善するための支援機器です。 メガネ1番では様々なロービジョン用具を取り扱っております。

様々な見え方

ロービジョンといっても視界の中心部が見えない場合や、混濁により全体的に見えにくかったり視野狭窄により視界が狭まったり暗いところが全く見えなくなったり様々です。

中心暗点の画像.jpeg
中心暗点
かすみの画像.jpeg
かすみ・混濁
視野狭窄の画像.jpeg
視野狭窄

さまざまな用具

あらゆる見えにくさに対応するため様々な「視覚支援用具機器=ロービジョン用具」があります。

ルーペ

レンズにより対象を拡大して写します、虫眼鏡です。暗いところでも見れるようにライトがついたものや、見ながら文字を書くことができるものがあります。 拡大倍率により目とルーペ、拡大したい物の距離が決まっているので見たいものによって使い分けが必要になります。

見ながら文字が書けるルーペ ライト付きルーぺ

電子ルーペ

小型のビデオカメラを搭載し映像をモニタに大きく映し出す装置です。小型なので外出先でのご利用にてきしています。通常のルーペと違い歪みがなく、コントラストを高めたり反転させたりして見やすくしたりできます。 種類によっては写真を取るように映像を記録したりできるものがあります。

小型電子ルーペ 電子ルーペ

拡大読書器

拡大読書器とは、ビデオカメラを搭載し、映像をモニタに高倍率で大きく映し出す装置です。また拡大するだけでなく、白黒や白黒反転表示にして、コントラストを強めることが出来ます。 拡大読書器を使用することで、あきらめていた読書や筆記が可能になるケースが多くあります。 視覚障害者は福祉制度を利用し、販売価格の1割程度の負担で購入することができます。※所得により、負担額が異なる場合があります また、ルーペ(拡大鏡)との違いは、拡大率が格段に大きいこと、コントラストの強調が出来ることです。据置型や持ち運びが可能な携帯型など幅広い機種があります。

image-10.png ​​​ image-10.jpeg

音声読書器

原稿を本体の前に置きスキャンボタンを押すと、読み上げを開始します。 操作が簡単。重さ約2.5kgで充電式のため、持ち運びにも便利です。本や新聞、レシートなど、さまざまなものを読み上げます。

音声読書機

 

ご購入の方へ

日常生活用具給付制度

拡大読書機や音声読書機は視覚障害者の日常生活用具給付制度対象商品です。対象者がもよりの役所に申請する事で給付助成が受けられます。ただし1割程度のご負担が必要です。

機器を選定し、販売店にて機器の見積書をご購入者が受け取ります。

 

ご購入者が最寄りの市町村の障がい福祉窓口(障がい福祉課)で購入申請を行います。
※身体障害者手帳、印鑑、見積書を持参

 

「日常生活用具給付券」が対象者に1〜2週間で届きます。
給付券に署名・捺印いただき、自己負担金(ご購入金額の1割程)受領し機器を納品いたします。