メガネ1番 補聴器センターは認定補聴器技能者在籍の「認定補聴器専門店」です。

補聴器を検討されているお客様へ

お客様の大切な聞こえを、
『医療』を通して守っていきたい。

私達は、補聴器のお客様ひとりひとりの体の一部として考え、人の体に影響を与えるものだからこそ専門の耳鼻科医に見てもらえる環境作りを行っています。 
『聞く』という人の行動は、何ものにも変えがたい尊いものです。
そんな大切な『聞こえ』を守り、育んでいくために誰もが安心して『聞く』ということを享受できるように私達の身近にいつも耳鼻科さんがあります。

こんな事ありませんか?

補聴器はお年寄りがするものというイメージが強い チェック2音は聞こえるが言葉がわからない チェック3聞き間違いがあったり話が正確に聞き取れない チェック4テレビの音が大きいと言われたことがある

上記項目の1~4のうちで心あたりのある方は、最寄りの店舗へのご来店をお勧め致します。


補聴器のよくある質問
A

補聴器の専門スタッフが使う方の聴力に合わせて調整を行います。しかしながら、耳は感覚器官ですので調整がきちんと行われても、補聴器の音にはすぐに順応できません。少しずつ練習を重ね、補聴器の新しい音に慣れていきましょう。

A

補聴器は使う方のきこえに合わせて音の強さや高さなどを細かく調整します。また、オーダーメイド補聴器は、お使いになる方の耳の形に合わせて製作されています。他人の補聴器を使用するのは避けてください。

A
基本的には洗顔、入浴、就寝時等以外は装用することをお勧めします。しかし、初めて使用される方は1日数時間というように、自分にあったペースで装用しましょう。
A
補聴器や耳せんに大きな通気孔(ベント)を設け、外耳道にこもる音を外に抜けやすくします。自分の声がこもらず、響きにくくなります。
A

補聴器を使用する前には聞こえていなかった雑音が聞こえるようになるため、最初は気になるかもしれません。ですが、雑音源が何かわかるようになると、その雑音に慣れてくるといわれています。また、最近のデジタル補聴器には雑音と音声を識別して、雑音のみを抑制する「雑音抑制機能」が搭載されています。