補聴器の形状と特徴

補聴器の形状には大きく分けて、耳の穴にすっぽり入る耳あな型と、耳の後ろにかける耳かけ型があります。
耳の形や操作のしやすさ、聴力の状態に合わせて選びましょう。

耳あな型

耳の奥にすっぽり入り、
耳あな型の中では最も見えにくい。

軽度難聴〜中等度難聴

CIC / 耳の奥にすっぽり入り、耳あな型の中では最も見えにくい。
CICよりやや大きめで操作性も良い。

軽度難聴〜中等度難聴・高度難聴

ITC / CICよりやや大きめで操作性も良い。
高度難聴にも対応。電池が長持ち。

中等度難聴〜高度難聴

ITE / 高度難聴にも対応。電池が長持ち。

耳かけ型

装用感が良く、
カラーバリエーションも豊富。

軽度難聴〜中等度難聴

RIE / 装用感が良く、カラーバリエーションも豊富。
幅広い聴力レベルに対応。
操作がしやすい。

軽度難聴〜高度難聴・重度難聴

BTE / 幅広い聴力レベルに対応。操作がしやすい。

サイト内検索

カレンダー

カレンダー一覧

CMギャラリー

定額制コンタクト メルスプラン

メガネ1番お勧め!メルスプラン。月々の費用が定額だから、無理して使わず安全にコンタクトレンズを使用することができます。
Twitter Twitterはじめました

メガネ1番のつぶやきがはじまりました!最新情報からひとりごとまで盛りだくさん。みなさんのフォロー待ってまーす!

フェイスブックページもご覧ください!