補聴器の選び方

聞くということ

自分にあった補聴器を選びましょう

形や大きさだけではなく、聞こえ方に合わせてお選びください。
補聴器を選ぶ際には、静かなところや騒がしいところで聞き試しをしてみる必要があります。メガネ1番では、ご購入前に補聴器の一週間無料貸し出しを行っております。
実際の生活でどのように聞こえるかをしっかりご確認いただき、安心してお買い求めいただけるシステムです。

補聴器の種類

デジタルとアナログの違い

補聴器にはデジタル補聴器とアナログ補聴器の2種類があります。
どちらも音を増幅し、聞こえをサポートすることができますが、大きな違いは音を制御する機能です。
アナログ補聴器を使用し、繁華街や大通りなど騒がしいところでは騒音まで増幅されてしまい不快感を覚える人も多くいます。
デジタル補聴器は、内部にコンピュータをもち、そのコンピュータで音声と雑音を区別し、雑音は小さく、音声は大きくと、増幅の幅を調節することで、聞きやすさをサポートします。
デジタル補聴器は個人に合った聞こえ方を設定することができます。また、聞こえが変わった場合も、改めて調整ができるのでご安心ください。

補聴器の形

耳穴型

補聴器の中で一番小さいタイプです。
耳の奥にすっぽり入ってしまうので、一番目目立たないタイプです。

耳掛け型

耳にかけて使用するタイプで、最近のものは小さく目立たないものも多くあります。
また、操作がしやすく、取り扱いが容易です。

ポケット型

本体をポケットに入れ、イヤホンから聞くタイプです。
手元に本体があるため操作がしやすく、電池も大きいものが使用できるため電池交換の頻度は最も少なくなります。
マイクは本体についているため、衣ずれ音が入る場合もあります。

メガネ型

メガネのテンプル(つる)の部分に、補聴器を埋め込んだタイプです。
メガネと補聴器を併用できることがメリットです。
振動で音を伝える骨伝導タイプもあります。


サイト内検索

カレンダー

カレンダー一覧

CMギャラリー

定額制コンタクト メルスプラン

メガネ1番お勧め!メルスプラン。月々の費用が定額だから、無理して使わず安全にコンタクトレンズを使用することができます。
Twitter Twitterはじめました

メガネ1番のつぶやきがはじまりました!最新情報からひとりごとまで盛りだくさん。みなさんのフォロー待ってまーす!

フェイスブックページもご覧ください!